熟女との年齢差がどれくらいかで、話題も変わってくるところです。年齢差が大きい場合は、母性本能をくすぐりやすくはなります。これをアドバンテージとできるかは男性次第ですが、丁寧な言葉遣いは絶対に外せません。メールでのやり取りでも実際の会話でも同じです。

天気の話しで熟女の様子を見てみる

どうしていいか迷ったら鉄板とも言える、天気の話題から入ってみるのがいいでしょう。例えばここ一週間の天気から洗濯物の乾く、乾かない話しに持っていけます。そこから洋服の話しにもいけます。話しの枝や葉を広げていくことで相手の様子を伺うことができます。

大事なことは男性の方が先に先にと、話しの枝葉を考えていくことです。本題に入る前の雑談が相手の女性がどんなプレイを望んでいるのか、逆援助が単発か継続か、どちらを望んでいるのかを探ることができます。

雑談でキャッチボールをしよう

「話し上手は聞き上手」まるで新人営業マンが上司に言われるような言葉ですが、とても大事なフレーズです。言葉のキャッチボールがなければ雑談とは言いません。一方的にしゃべらなければならない状況というのは、女性がつまらないと言っているのと同じです。

雑談は同じ話題で言葉のキャッチボールが最低2往復は必要です。次の話題は熟女の投げた言葉のボールからつなげていくといいでしょう。年齢差がある場合は「教えてもらえませんか?」というように、一段下がった感じで熟女から話させると、意外に相手の趣味や趣向が分かります。

本題での交渉術、会話テクニック

あくまでも男性が雇われる方ですから、女性の条件提示を最後まで口を挟まずに聞きます。一度全部聞いてから質問や自分の希望を話します。例えば
「○○さんにも賛成していただけると思うのですが・・・」
「もし賛成していただけるなら、具体的に僕の考えもお話ししたいのですが・・・」

分かるとは思いますが女性が賛成することを前提に、言葉を変えれば反対できない状況を上から目線ではなく、下から目線で柔らかくお願いできます。間違ってもストレートに「僕はこう思います」というのは問題外です。

不倫発覚を避けるために

最悪なケースは、熟女人妻との不倫が発覚することです。これを回避するための会話テクニックとして、熟女が男性に熱をあげてきた場合は、真逆の上から目線で強い口調で突き放した感じが効果的です。
女性の歯止めが効かなくなったら、身を引くことを考えた方が無難です。

熟女に好かれるためには、生意気な言葉遣いは絶対にしてはいけません。親子ほども年齢が違う場合は尚更です。背伸びすることはありません。女性の母性本能に訴えることができれば、継続的な逆援助を受けられる確率はグンと上がります。